Saeko Angwin

Saeko Angwin

  • Intergenerational & Energetic (Spiritual) Parenting Coach

  • Access Consciousness Bars Practitioner

  • Director at True Colours

      * 日本語のプロフィールは英文の下(画面の下方)に掲載しています。

Hello.  I'm Saeko Angwin.  I was born in Fukuoka, Japan in the Spring, the most beautiful season of the year, when cherry blossoms bloom beautifully and effortlessly – as if showing us how we can live our life.

At the age of 19, I left Japan for further studies, and for 18 years I lived and studied in Canberra and Brisbane, Australia; Tianjin, China; and San Francisco, USA, before moving to the vibrant city of Hong Kong, a melting pot where all cultures mix.  In Hong Kong, I met the man who became my husband, an Australian who had spent his childhood in Fiji.  We’ve been married for ten years and have two amazing children. In 2016 we moved to Australia.

When I was a child, I experienced intense relationships in our family business.  Since the intensity was beyond my limit, I left home for overseas as if I was escaping from my own family for new possibilities.  I thought to myself. ‘I will never make a family like that! I will not repeat the same drama in my relationship with my own child; the parenting I knew was the one I had experienced with my own parents. Even though I was dreaming of a ‘good’ parent-child relationship and trying to copy it, I was really just trying to be ‘a good mother’ by suppressing my anger and being untrue to myself.  Thus, I sometimes exploded with anger for small matters.  Consequently, I blamed myself and often regretted what I had done.

So I began to ask questions, ‘What is the greatest gift that I can give to my children?’ and ‘How can I do that?’

Since then, I have chosen to be ‘Me’ rather than ‘A good mother’.  In the midst of the changes, my children and children who I came across inspired me to be ‘Me’. The ones who helped me to live with joy were children who already had full wisdom and I began to receive their gifts.  Living as being ‘Me’ changed my relationship with my children and my mother into something with more joy and possibilities. The greatest gift that I was able to give to the children was to receive their gifts. I realised giving and receiving are the two sides of the coin, parenting.   

I would like to inspire parents to create their parenting as the space where a parent and child can realise their true colours and both live with joy and possibilities.  And I would like to have your back when you are experiencing changes as you revert to your true colours.

If you're ready to explore your new possibilities, contact me to book your session.

 

 

  • インタージェネレーショナル子育てコーチ

  • エネルギーによる子育てコーチ

  • アクセス・コンシャスネス・バーズプラクティショナー

  • True Colours Parenting 取締役



こんにちは。アングウィン朗子と申します。ごくごく自然に桜が優雅に咲き誇る春、私は福岡で生まれました。

19歳の時、留学のために日本を離れました。そして18年間、オーストラリアのキャンベラとブリスベン、中国の天津、米国のサンフランシスコ、そして多種 多様の文化が混在する活気に満ちた香港に住んでいました。香港では、現在夫であるオーストラリア人(フィジー出身)と出会い、結婚して10年になります。 その間2人の素晴らしい子どもを授かりました。現在はオーストラリアに在住しています。

子どもの頃、家業のために激しい家族関係の体験をし、新しい可能性を求め、逃げるように海外へと出ていきました。「絶対自分が経験したような家族はつくらない、そして私と母のような関係を自分と子どもに受け継がせたくない。」と思いながらも、知っている子育てのやり方は、自分が実際体験したものだけで、仲の良い親子関係を夢見て真似ようとしても、怒りを抑え、自分に嘘をついて「良い母」を演じているようでした。従って、何か些細なことでも大きく爆発してし まい、結果的に自分を責め、後悔をしていました。

「子どもたちに最高の贈り物として何を与えたら良いのだろう?」そして「どうしたらそれができるのだろう?」と問いかけ、なれない「良き母」よりも「私」 であることに専念しました。「良き母」から「私」への変化を促してくれたのが子どもたちでした。喜びとともに生きる手助けをしてくれたのは、小さな体を持った叡智のある子どもたち。私らしく生きることによって、子どもとの関係も、母親との関係も実りあるものに変わっていったのです。今では、母が最も私の 可能性を信じ、応援してくれている人の一人となってくれています。 私が子どもたちに与えられる最高の贈り物は、彼らからの贈り物を受け取ることでした。与えることと受け取ることは、子育てというコインの両面であることに 気づいたのです。

子育てという場を、親御さんそしてお子さんが自分の本当の色の花を鮮やかに咲かせる場にし、お互いが喜びと可能性とともに生きる場に変えていくお手伝いを したいと心から思っています。そしてそんな素敵なあなたを見守っていたいのです。

コーチング個人セッションをオンラインまたは対面で常時行っております。セッションの予約、質問などはこちらへご連絡ください。

FaLang translation system by Faboba

SUBSCRIBE TO BLOG VIA EMAIL

captcha